CSRの取り組み

山田組は、北海道社会の一員として、様々な形で地域貢献を行なわせて頂いています。最新の情報は弊社ブログ及びプレスリリースをご確認ください。こちらでは、その活動の一端をご紹介いたします。

 

弊社のCSRへの考え方

我々の事業には、地域住民の皆様のご理解が不可欠です。当社としても出来るだけご迷惑にならぬように最善を尽くしておりますが、少なからず日常生活に影響を及ぼしてしまう場面がございます。地域の皆様のご理解・ご協力があってこそ、我々は業務に当たることができるのです。普段は道路や橋梁などの、大きな構造物を手がける業務を行っておりますが、地域の身近な所にも目を向けるべく、様々な活動に励んでおります。

活動の例

日々の活動としては、現場では完工後に清掃活動を行っております。工事中に発生したゴミはもとより、不法投棄された粗大ごみの回収を行い、不法投棄の連鎖を防止する活動を行っております。また、“札幌市地域安全サポーターズ“として、社有車を活用した防犯パトロールなど、普段から地域の安全に気を配っています。

その他には随時、地域の診療所や研修センターの建屋点検および修繕、除雪など、当社の技術を活かした奉仕活動を行っております。過去の活動事例につきましてはプレスリリースをご覧ください。

当社は札幌市のアダプト・プログラム(官民協働の美化運動)に参加しています。社屋の周辺道路にて、吸い殻や空き缶拾い、駐輪自転車の整理などを行っています。日本の道路は世界的に見てポイ捨てが少ないと言われますが、その評判に恥じない街にしようという思いもあり、市民はもとより、観光でお越しの方々にも気持ちよく散策して頂ける街を目指します。

清掃活動

各現場では完工後に、工事にご協力いただいた周辺の方々への感謝を込めて、清掃活動を行なっております。

札幌市地域安全サポーターズ

弊社の本社が所在する札幌市では、札幌市で取り組んでいる「札幌市地域安全サポーターズ」の一員として、営業車などを活用した、日常の防犯パトロール活動を行なっています。また、事業所や施工現場などを活用し、防犯啓発や子供110番の店を実施することや、犯罪の発生しにくい環境作りのため、「割れ窓理論」実践活動として環境美化や清掃活動を行なっています。

最新のCSR活動はこちら