【岩見沢農業高校生】インターンシップを開催しました

山田組が現在施工している各現場に10月7日(水)~10月9日(金)の3日間の日程で岩見沢農業高等学校 環境造園科 2年生の生徒3名がインターンシップに来ていただきました。

今回の主な実習現場は

・10月7日(水)~「道央自動車道 茶志内集水井工事」

・10月8日(木)~「石狩川改修工事の内 千歳川南6号樋門上流築堤盛土工事」

・10月9日(金)~「豊平川処理区菊水3条5丁目ほか下水道新設工事」です。

・10月7日(水)、「道央自動車 茶志内集水囲工事」現場事務所に移動後、まずは、山田組の会社概要の説明。その後、工事概要の説明また、現場に配属されている若手社員の現場体験談などを聞いていただきました。

・午後からは、すでに完成している集水井の施工現場を見学した後、今後施工を行う現場に移動し、測量実習(レベル)を行いました。

・10月8日(木)、「石狩川改修工事の内 千歳川南6号樋門上流築堤盛土工事」現場事務所に移動後、午前は工事概要、安全対策、施工計画などの説明、その後、土壌の含水比を実際に測定する実験を行いました。

午後からは、実際に施工現場に行って測量(レベル、トータルステーション)の実習、現場担当者による施工現場の説明を行いました。

・10月9日(金)、工事概要、下水道管路補修工法、安全対策についての説明を行いました。

午後からは、現場担当者の説明を聞きながら、今後施工する現場を見学していただきました。

3日間と短期間ではありましたが、施工現場を実際に見ていただき、現場の雰囲気、安全管理の必要性、施工管理の仕事内容など今回のインターンシップを通じて理解していただけたのではないかと思っています。

今回のインターンシップが今後の進路選択の参考になれば幸いです。

Category