【アダプト・プログラム】を実施しました

 令和4年 1月19日(水)、アダプト・プログラム(札幌市 中央区の環境美化アダプト制度に基づくもの)の一環といたしまして、山田組本社(札幌市 中央区大通西14丁目1番地)周辺の歩道、交差点付近の砂(滑り止め材)まきを行いました。

 今年は、特に雪が多く気温が下がり、ここ数日で路面がツルツルになり、若手職員を中心に本社周辺の交差点付近等の歩道に滑り止め材をまきました。

 本社周辺は小学校の通学路でもあり、冬休みが終わり児童の通学が再開するタイミングで実施し、滑りやすそうな交差点付近に重点的に砂(滑り止め材)まきを行いました。本社付近を通行される方、通学される児童の転倒事故を未然に防ぐことができればと思っております。

 日中は暖かい日もありますが、まだまだ、夜間は気温が下がりますので、路面状況をしっかりと観察し、今後も砂(滑り止め材)まきを実施していきたいと思っています。

 今後も、【アダプトプログラム】の活動は続きますので、ニュース&ブログに活動内容を掲載していきたいと思います。

Category